研究紹介

Wiiリモコンで三次元らくがき帳

 我々の研究室では、立体視や奥行評価に関する研究を行っています。これらの研究に用いることを目的として、三次元空間に絵を描くアプリケーションを構築しました。



 ActionScript3.0 (WiiFlashPapervision3D) で実装しました。任天堂社の Wii リモコンを使用して赤外線 LED の位置を取得しています。

 三次元座標を取るには、赤外線光点を二つ使って Wiiリモコンから見える光点間の距離を使う方法がありますが、これだとやや不安定なので Wii リモコンを2つ使用しました。 Wii リモコンを動かすのではなく赤外線 LED のほうを動かします。Wii リモコンは光点検出用のカメラ代わりです。 2つの Wii リモコンを互いに直交する位置に固定すると、指先につけた赤外線 LED で三次元空間内で位置を指定できます。ヌンチャクの加速度センサとボタンで回転などの細かい制御を行います。



 Wii リモコンを使うと光点検出の画像処理が一切不要なため、実装がとても楽です。 また、Wiimoteのイベントはウィンドウにフォーカスが当たってなくてもリスナに通知されるため、同時に複数ウィンドウの操作が可能です。 これを利用して、カメラの角度を微妙にずらして二つ同時起動するだけで、視差付きの立体映像が簡単に作成できます。



MENU

〒980-8577
仙台市青葉区片平2丁目1-1
東北大学電気通信研究所
新棟4階 M416