イベント

APCV2015

毎年開催されているAsia-Pasific Confarence on Vision(APCV)。今年の会場はシンガポール、Nanyan Technological Univercityです。

これが大学のロゴ。かっこいい。南洋と書いてNanyanらしいです。

街中にはこんな看板があったり、やよい軒だのラーメン屋だの、日本語がちらほら。


とはいえさすがはシンガポール。24時間一秒たりとも容赦する気のない湿気と気温、そして道端に乱立する椰子の木が、ここが緯度一桁の南国であることを激しく主張してきます。


シンガポールの町並みは、近代的な建物ばかりかと思えばトラディショナルアジアンな寺院も建てられていて、近未来SFの描くアジアのよう。


さて、アジアを始め、各国から視覚の研究者達が集うAPCV。会場となっている建物はこちら。お洒落な外観してます。


はじめてのがっかいはっぴょう。


羽鳥さんは流石、こなれた様子です。


塩入先生はシンポジウムでのプレゼンテーション。



学会のプログラムは朝から夜まで続き、一日が終わる頃には真っ暗。これじゃあさすがに観光している余裕は……
ん? こんな時間からでも楽しめる大人気観光スポットがある?

ナイトサファリ。普段は見られない、動物たちの夜の姿を見ることができるそうです。これは行くしかない。


普段は見られない動物たちの!


夜の姿!
……いいとこだったんですけど、写真だと伝わりづらいですね

最終日のエクスカーションは、シンガポール随一の観光地であるSentosa島へ。

まるで南国のリゾート地みたいなところ!


そしてシンガポールといえばやっぱりこいつです!

国際学会だけあって、非常に内容の濃いな三日間。とても良い経験となりました。
写真だけだと観光ばっかしてたみたいですが多くの発表を見聞きしましたよ!


MENU

〒980-8577
仙台市青葉区片平2丁目1-1
東北大学電気通信研究所
新棟4階 M416